1. TOP
  2. 君がアル中で、どんなキチガイでもいいんだぜ! ゆうばりグランプリ受賞作『トータスの旅』

君がアル中で、どんなキチガイでもいいんだぜ! ゆうばりグランプリ受賞作『トータスの旅』

君がアル中で、どんなキチガイでもいいんだぜ! ゆうばりグランプリ受賞作『トータスの旅』の画像1
クライマックスで「いいんだぜ」を熱唱する木村知貴。本作の熱演で、2016年の田辺・弁慶映画祭男優賞を受賞した。
 誰かの葬式に参列し、焼香する度に、中島らもの自伝的小説『バンド・オン・ザ・ナイト』を思い出す。小説の中でらもさんは「葬式には行かなかった。葬式に行かないのはおれの流儀で、あの黒枠に囲まれた写真を見てしまうと、もうほんとうにお別れだと感じてしまう。葬式に行かずに、あの黒枠の写真さえ見なければ、いつかどこかの街でばたっと会うような、そんな気のままでいられるからだった」と語った。らもさんを見習いたくもあるけど、亡くなった人の思い出だらけのままでは生きづらい人もいる。若手監督の登竜門として注目される「ゆうばりファンタスティック映画祭」オフシアター部門で今年のグランプリを受賞したのは、永山正史監督の『トータスの旅』。自分の前から姿を消した大切な人を弔うために七転八倒する男たちのロードムービーとなっている。  上映時間82分と短い尺だが、中身はなかなか濃い『トータスの旅』。サラリーマンの次郎(木村知貴)が、ひとり息子の登(諏訪瑞樹)と暮らすアパートから物語は始まる。次郎は妻に先立たれてから、ずっと空っぽな日々を過ごしてきた。その空っぽさを隠すために、登の前ではいい父親であろうと努めている。反抗期に入った登は、常識を押しつけようとする父親も学校も大嫌いだった。ある朝、ずっと音信不通だった次郎の兄・新太郎(川瀬陽太)が婚約者の直子(湯舟すぴか)を連れて現われ、「これから結婚式だ、支度しろ」と言い出す。会社に通ってはいるものの心は虚ろな次郎と不登校状態が続いていた登を連れて、強引に車中旅に向かう新太郎と婚約者。登が生まれる前から次郎が飼っているペットの亀も一緒だ。  人前で常に常識人であろうとする次郎と自称芸術家である新太郎は性格が真反対で、旅行中ことごとくぶつかり合う。この兄・新太郎役を演じている川瀬陽太は、インディーズ映画やピンク映画に猛烈に出まくっている個性派俳優。冨永昌敬監督の『ローリング』(15)やピンク映画『犯る男』(15)に主演し、2016年度の「日本映画プロフェッショナル大賞」男優賞を受賞している。今年に入ってもオールタイロケ作品『バンコクナイツ』(17)や入江悠監督の深夜ドラマ『SRサイタマノラッパー マイクの細道』(テレビ東京系)などの注目作に次々と出演しており、社会からドロップアウトした変人・奇人役をやらせると、とても美味しい風味を醸し出すオッサン俳優である。『トータスの旅』でもファミレスで次郎に絡んできたゴロツキをスリーパーホールドで締め落とし、旅先の見知らぬ他人の家にお邪魔してお風呂をいただき、式を挙げる前の直子との青姦に励む。本能の趣くまま、新太郎はやりたい放題だ。  自由奔放な新太郎に無理矢理連れ出された次郎は、旅の目的地が近づくにつれて顔がこわばっていく。新太郎と直子が結婚式を挙げる予定の島は、次郎と妻が式を挙げた思い出の地でもあった。しかも、妻が交通事故で亡くなった忌わしい場所にも近い。兄に散々振り回され、息子の登は相変わらず自分に心を開いてくれない。次郎が唯一安らぎを覚えるのは、妻と一緒に世話をしたペットの亀だけだった。でも、次郎の心の拠り所だった亀は、旅先で姿を消してしまう。いくら探しても亀は見つからない。それまでずっと理性を守り続けてきた次郎だが、暴風雨の到来と共に感情がぐしゃぐしゃになって爆発する。
君がアル中で、どんなキチガイでもいいんだぜ! ゆうばりグランプリ受賞作『トータスの旅』の画像2
メジャー、インディーズを問わず、映画に出まくっている川瀬陽太(47歳)。今が旬のオジサン俳優なのだ。
 土砂降りの大豪雨が降る中、次郎が向かったのは一軒の居酒屋だった。ズブ濡れになったシャツを脱ぎ、上半身裸でカウンターに座る次郎に、「いらっしゃい」とクールに対応する居酒屋のまだ若いマスター。2人のただならぬやりとりから、このマスターが妻を轢いた加害者だったことが分かる。彼も相当に苦しんだらしい。だから、次郎はこれまで彼を責めることはせず、この店にも事故現場にも近寄らないようにしていた。焼酎を立て続けにいっき呑みした次郎は酔眼になり、常連客が手にしていたギターを奪い取る。いつの間にか新太郎も店に現われ、次郎のパンツをズリ下ろした。生まれたまんまの姿で、次郎は歌い出す。 「いいんだぜ いいんだぜ 君が躁鬱で ヒステリーで アル中で どんなキチガイでも いいんだぜ いいんだぜ」  本作が長編映画初主演となる木村知貴が全裸ギターで絶唱するのは、中島らもが作詞作曲した「いいんだぜ」。放送禁止用語満載でテレビやラジオではオンエアされないが、アルコール依存症や躁鬱病を患い、肝炎に苦しみながら小説やエッセイを書き続けた中島らもが生きとし生けるものすべてを全肯定してみせたロケンロールな曲である。そんな不朽の名曲に気後れすることなく、次郎役の木村知貴は一糸まとわぬ姿で大熱唱する。店の外を吹き荒れる暴風雨と同じくらい、次郎の心の中も嵐が吹き荒れている。それまで、ずっと常識という名の甲羅に閉じ篭っていた次郎は、「いいんだぜ」を歌いながら身も心も素っ裸になっていく。
君がアル中で、どんなキチガイでもいいんだぜ! ゆうばりグランプリ受賞作『トータスの旅』の画像3
新太郎の婚約者・直子(湯舟すぴか)。彼女もまた、壊れた家庭で育ったという生い立ちがあった。
「いいんだぜ いいんだぜ 君がクラミジアでも ヘルペスでも 梅毒でも エイズでも 俺はやってやる なでてあげる 舐めてあげる ブチ込んでやるぜ」  永山監督は中島らもの代表作『今夜、すべてのバーで』や『中島らもの明るい悩み相談室』といった作品から多大な影響を受けているそうだ。中島らもは超進学校・灘高に学年8番で入学するなどIQ185という高い知能指数を持つ一方、就学前の幼児のような好奇心に突き動かされながら、自由気ままに生き、そして52年間の濃厚な人生を終えた。らもさんの葬式は行なわれず、その遺灰は海に撒かれている。エッセイ集『固いとうふ』の最後に「(自分の死体は)目玉、内臓、せきずい、使えるところはみんな他の人のために使ってほしい。残った部分はミンチにして海に投げ込み、魚のエサにしてほしい」と語っている。らもさんの遺灰が肥やしになって、一本の映画が誕生した。それが永山監督が撮った『トータスの旅』である。 (文=長野辰次)
君がアル中で、どんなキチガイでもいいんだぜ! ゆうばりグランプリ受賞作『トータスの旅』の画像4
『トータスの旅』 監督・脚本・編集/永山正史 出演/木村知貴、諏訪瑞樹、川瀬陽太、湯舟すぴか、竹中友紀子、柳谷一成、大宮将司、たくしまけい、近藤善樹、小田篤、上山学、竹下かおり、田中一平、岡本裕輝、満利江、山口陽二郎 7月1日(土)より新宿K’s cinemaにてレイトショー上映 (C)永山正史、武田祥

君がアル中で、どんなキチガイでもいいんだぜ! ゆうばりグランプリ受賞作『トータスの旅』の画像5
『パンドラ映画館』電子書籍発売中! 日刊サイゾーの人気連載『パンドラ映画館』が電子書籍になりました。 詳細はこちらから!

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 不倫発覚の上原多香子、夫・TENNさんの遺族も「あまりにも身勝手で不誠実な態度の連続に、許せなくなった」可能性

  • Jアラート 格安スマホで受信できず

  • コトメは子供服のブランドに勤めているので、うちの娘にいろいろプレゼントしてくれる。それを知ったキチママがコトメに…

  • 【衝撃】「日本はお金をもたらしたけど中国は全てを奪う」中国に乗っ取られる寸前の国の現状

  • 衝撃的だった体験:夫の連れ子が小学3年生の時に再婚した。その子も家庭を持つまでに成長したんだけど、前妻が私に恨み言の手紙を寄越して…

  • 元AKB川栄李奈、1時間で4回の性行為…完全にセックス依存症だろ、引くわ…(画像あり)