1. TOP
  2. 【衝撃】「治療する価値は無い」獣医に見放された猫・・・助けたのは一人の女性だった

【衝撃】「治療する価値は無い」獣医に見放された猫・・・助けたのは一人の女性だった

1: ファニーちゃん

1人の女性
人間でも動物でも、あまりに酷い病気などに犯されている場合、
医者も諦める場合があります。

それは仕方のない事、医者にすると「もう助からない」と判断したのですから。

今回ご紹介のは、1匹の猫と女性のお話です。



ここから↓

とある動物保護施設に1匹の猫がいました。

この猫は何らかの病気にかかっており、身体は痩せ細り、毛も所々抜けており、
誰が見ても危ない状況でした。

この猫を獣医が診断した結果、重度の気道感染症にかかっていました。
更にそれだけじゃなく「猫伝染性腹膜炎(FIP)」という伝染病にもかかっていたのです。
病状はかなり進行しており、助かる見込みはほとんど無い状態・・・。

猫や犬、動物の治療というのは、保険が適用されないため
非常に高額になってしまいがち。

治療したくても出来ない、そういった場合もあります。

助かる見込みは少ないうえに、助けようとすると高額な費用がかかる猫・・・

誰もが見捨てようとしたのですが、
1人の女性が猫を引き取ると決意したのです。


女性の名前は「レイチェル・ブラウン」さん。


次のページで!

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 豊田真由子議員、地元の子どもたちから「ハゲのおばちゃん」と呼ばれる!!有権者からは「早めに本性が分かってよかった」

  • 【全問解けたら天才】この中にある “仲間はずれ” 見つけられる?

  • 切なくて怖い話:「一緒に故郷に帰りましょう」

  • 【フィンランド】周りに沢山の人がいるにもかかわらず、プールで溺死する5歳の男の子

  • 【衝撃】大宮のソプきたら大谷翔平のサインがあったwwwwww(画像あり)

  • 【驚愕】生理痛は「マッチョに腹パンされ続ける痛さ」!生理痛のレベル別一覧表に女性陣納得!