1. TOP
  2. 【猫の愛】死して尚、主人の事を想い、片時も離れないと誓った猫の愛に涙

【猫の愛】死して尚、主人の事を想い、片時も離れないと誓った猫の愛に涙

1: ファニーちゃん

猫の愛
猫は三日で恩を忘れる、と日本のことわざであります。

これは
「猫は、三年間飼ってやっても、その恩を三日で忘れてしまう。猫はつれない動物であるというたとえ。」

であり、事実とはまた違ったものです。

猫の短期記憶は人間の20倍ほどあるといわれており、

印象に残る事であれば猫は忘れません。

少し気まぐれで警戒心が強い猫が多いため、

「猫は三日で忘れる」なんていわれますが、そんな事はないんです。

今回ご紹介するのはとっても心温まるお話です。

「亡くなった飼い主の事を想い、傍を離れたくないために墓暮らしを決意した猫」のお話。



ここから↓

今回の猫が発見されたのは

インドネシア中部、ジャワ州にある墓地。

たまたま墓地の近くを通りかかった「Keli Keningau Prayitno」さんは(以下Keliさん)

墓地にたたずむ猫を発見しました。

とても人懐っこく、可愛らしいこの猫。

捨て猫だったら可愛そうと思ったKeliさんは、この猫を自宅につれて帰ったのです。

しかし、連れて帰ってみたはいいものの、

ふと気づくと猫の姿がどこにもいなくなっているのです。

そしてKeliさんはもしやと思い再び墓地に行きました。

するとKeliが猫を拾った場所と全く同じ場所に居たのです。


猫の愛は次のページで♪

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 高島礼子、元夫・高知東生と復縁していた?「何を言われようと高知が好きだった」

  • <準最適>な腎臓の移植で透析よりも優れた選択肢になる 廃棄されている多くの臓器が泣いている

  • 【中国】子供の親同士が喧嘩 親が相手の子供にいきなりビンタ

  • 【速報】オリラジ中田敦彦、吉本興業を退社へwwwwww(画像あり)

  • 30代女子が「セルフネグレクト」で孤独死! 推計1万人以上が<緩やかな自殺>の入り口に

  • 講堂にマットレスを敷き詰め、キメセク! 豪名門大学の伝統「乱交パーティー」の実態とは?