1. TOP
  2. 【衝撃】「私も悪いのに、母はあなたは悪くないと言った」過保護な親の意識を変える小学生の作文が刺さる

【衝撃】「私も悪いのに、母はあなたは悪くないと言った」過保護な親の意識を変える小学生の作文が刺さる

1: ファニーちゃん

過保護な親の意識を変えた作文
モンスターペアレント、一言で言うと過保護すぎる親の事。

過保護なのは悪い事ではありませんが、それが度を越えて

人に迷惑をかけたり、子供の教育に悪い事になるのであれば別です。

今回ご紹介するのは「とある小学生の作文」です。

この小学生の親は凄い過保護で、

「自分の子供は何も悪くない、悪いのは他の人だ」

と盲目的に信じ込んでいる親でした。

そんな親に対して、子供は疑問を抱いたのです。

その疑問とどうしてほしいかを作文にして投げかけたのです。





ここから↓

その教室で行われていたある題材の作文発表。

発表中にも関わらず、子供を褒めたり

教室の清掃にケチをつけるなど

過保護すぎる親達の恐るべし発言の数々…

苦笑いしながら授業を続ける担任の先生。

その時、一人の生徒が手を挙げ、

次の発表をしたいと申し出ました。


この授業で行われていた

作文発表の題材は「家族への想い」

手を挙げた生徒は、堂々と作文を読み上げます。

そしてこの生徒が発表した作文が、

教室の空気と過保護な親たちの意識を大きく変えたのです!


作文は次のページで♪

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 安田美沙子、”ゲス不倫”夫の携帯チェックは「最近は信用して見ていない」「もう平和かな」

  • トメから突然、「あんた貯金いくらある?」「300万円振り込んで」と電話が!!その理由は…

  • 【※癒される】散歩中、道端の穴にハマった猫に遭遇した・・・カメラを向けた瞬間起こったことに、あなたも心がとろけそうになる。

  • 【注意!】ポカリスエットを飲むとき、絶対に「一緒に食べてはいけない物」が目からウロコ!

  • ※閲覧注意 ウイルス性心筋炎と酷い風邪を併発している私に生後9ヶ月の甥を押しつけて逃げた鬼嫁。最後に甥っ子は…

  • 【面白】「登下校中のお茶禁止」このルールを破った大阪の小学生が放った言葉に笑ったw