1. TOP
  2. 【優しい嘘】「小学生の男子が女子に花瓶の水をぶちまけた」その理由が男前過ぎて震える

【優しい嘘】「小学生の男子が女子に花瓶の水をぶちまけた」その理由が男前過ぎて震える

1: ファニーちゃん

花瓶の水事件
「ついていい嘘」と「言ってはいけない真実」

嘘をついちゃダメ、嘘つきは泥棒のはじまり、

子供の頃からこう教えられてきます。

確かに嘘はいけない事ですが、時として「必要な嘘」というものは存在します。

嘘をつくことで「誰かが救われ」

逆に真実をいう事で「誰かが傷つく」


こういった時は、人は嘘をついて誰かを守ります。

しかし、嘘をついたという事実や、誰かをかばうという事は

時として自分が悪者になってしまう場合もあるもの・・・

今回ご紹介するのはそんな「花瓶の水事件」と言われた、とある田舎の小学生のお話です。



ここから↓

ある田舎の小学校に、東京からひとりの女の子が転校してきました。

都会からの転校生に田舎の生徒たちは、大変興味があって、その子の廻りにやって来ては、

『それは何?』『その服はどこで買ったの?』『その髪型は何と言うの?』

といった質問を浴びせます。   

しかし、その女の子はというと、内気でおとなしくシャイな子供だったので、廻りの質問にちゃんと答えられず

『わかんない』『お母さんに買ってもらった』

などと、恥ずかしがって答えていました。

クラスにはどこの学校にもいるような元気で活発な男の子がいました。

その男の子は、勉強がそんなに出来る訳ではないのですが、

スポーツは得意で明るく、クラスのムードメーカーといった立場でした。

時には、悪戯や悪ふざけが過ぎて他の子供を泣かせる場面があり、

先生も手を焼いているのですが、何故かクラスの人気者でもありました。

そんなクラスである日その事件は起こったのです。


事件の続きは次のページで♪

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【綺麗な花には棘がある…】“中国で最も美人な死刑囚”の犯行内容が腹黒過ぎる…

  • ※閲覧注意 後味悪い事件:古い洋館にあった、子供の像。だけどそれは…

  • ※動画あり 本当に寝てるの?「うちの犬の寝相はどう考えてもおかしい」

  • 【中国】村人が「井戸を掘ったら今まで見たことがない植物を発見した」 → TVニュースになる → 正体は〇〇だった

  • 子どもに週1お寿司…辻希美のブログがまた炎上「出ました辻ちゃんの手抜き」「ご飯作らないよね」の声

  • 【正気か!?】北朝鮮で禁止されている日常的な事6選 ~ジーパン穿くだけで連行~