1. TOP
  2. 【戦慄】10人の死刑囚が「死ぬ間際に残した言葉」に鳥肌がとまらない

【戦慄】10人の死刑囚が「死ぬ間際に残した言葉」に鳥肌がとまらない

1: ファニーちゃん

死刑囚が死ぬ間際に残した言葉
死刑囚、極悪非道、非人道的な事件を起こし、死刑を宣告された犯罪者。

どのような意思をもって犯罪に手を染めたのか、どのような考えをもって過ちを犯したのか。

精神的に異常はあったのか、それともなかったのか。

一番身近な人の考えすらわからない私達では、

犯罪をする人の考えなんてわかるはずはありません。

そして、こういった犯罪者の人達は最後には何を考え、どんな言葉を残したのでしょうか。

今回ご紹介するのは、そんな「死刑囚達の最後の言葉」です。

ゲイリー・ギルモア


ゲイリー・ギルモアは、1976年の冬に、

2人を殺害し、自ら死刑を要求した人物です。

その頃のアメリカは、死刑制度、廃止の潮流に

あったのですが、

その流れを変え、望み通り死刑になりました。

射殺を選んだゲイリーは、椅子に結び付けられた後、

最期に一言「やろうぜ!」という言葉を

発しました。

彼が死に際に発したこの言葉は、

有名になり

スポーツブランドNIKEの「JUST DO IT」という

スローガンの由来にもなっているそうです。



死刑囚の最後の言葉は次のページで♪

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ※閲覧注意 妊娠した私に家事や仕事を押し付けられなくなるのを危惧したのか、トメに腹パンチされて流産したから復讐した

  • 【モロ】女生徒、体育祭のダンスでうっかり衣装を逆さまに着てしまいズレてピンク色のアレが見えてしまう【画像あり】

  • 【中国】駅の切符売り場で彼氏がブチ切れて彼女を投げ飛ばし暴行を加える

  • 伊藤リオンが海老蔵にブチ切れた経緯がヤバすぎるwwwww (画像あり)

  • 世論調査で判明! 世界一“アメリカ好き”な韓国人、実はアメリカ人に嫌われていた

  • 【激写】 高速道路でカーSEXしてるカップルが盗撮される、彼女全裸だし・・(※画像あり)