1. TOP
  2. 【戦慄】10人の死刑囚が「死ぬ間際に残した言葉」に鳥肌がとまらない

【戦慄】10人の死刑囚が「死ぬ間際に残した言葉」に鳥肌がとまらない

1: ファニーちゃん

死刑囚が死ぬ間際に残した言葉
死刑囚、極悪非道、非人道的な事件を起こし、死刑を宣告された犯罪者。

どのような意思をもって犯罪に手を染めたのか、どのような考えをもって過ちを犯したのか。

精神的に異常はあったのか、それともなかったのか。

一番身近な人の考えすらわからない私達では、

犯罪をする人の考えなんてわかるはずはありません。

そして、こういった犯罪者の人達は最後には何を考え、どんな言葉を残したのでしょうか。

今回ご紹介するのは、そんな「死刑囚達の最後の言葉」です。

ゲイリー・ギルモア


ゲイリー・ギルモアは、1976年の冬に、

2人を殺害し、自ら死刑を要求した人物です。

その頃のアメリカは、死刑制度、廃止の潮流に

あったのですが、

その流れを変え、望み通り死刑になりました。

射殺を選んだゲイリーは、椅子に結び付けられた後、

最期に一言「やろうぜ!」という言葉を

発しました。

彼が死に際に発したこの言葉は、

有名になり

スポーツブランドNIKEの「JUST DO IT」という

スローガンの由来にもなっているそうです。



死刑囚の最後の言葉は次のページで♪

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 元秘書への“執拗暴言”豊田議員…新たな音声公開!「死ねば?」「豊田真由子様に向かって」報じたキャスターもうんざり

  • アメブロが”侮辱など禁止事項”で松居一代に警告!「名誉毀損にあたる部分を削除しない場合は閉鎖する」

  • 「私にはコトメちゃんが居るんだから、嫁の世話にはならないわ!」と言っていたトメ→ ウトが亡くなった結果…

  • 市川海老蔵の自主公演「石川五右衛門 外伝」に長女・麗禾ちゃんと長男・勸玄くんが登場へ

  • じわじわくるTwitter『私の前の前の席の人、髪型がやばい』他

  • 延命治療を拒否した日野原重明さんに学ぶ~「あなたらしい最期」を選ぶ方法は?