1. TOP
  2. 【もう中国に帰ってくるな!】リオ五輪・福原愛に人民から大ブーイング その意外な理由とは?

【もう中国に帰ってくるな!】リオ五輪・福原愛に人民から大ブーイング その意外な理由とは?

中国  
fukuhara-1.jpg
リオ五輪の会場で、中国メディアの突撃取材に答える福原

リオ五輪の卓球女子シングルス3位決定戦で、福原愛は北朝鮮のキム・ソンイに敗れ、メダル獲得を逃した。
日本人としては珍しく、以前から中国人の間でもアイドル並みの人気を誇っている彼女。愛らしい笑顔に加え、堪能な中国語も人気の要因だ。
福原は子どものころから中国人コーチに指導を受け、卓球王国である中国に何度も渡り、練習を積んできた。また、17歳からは中国の卓球チームに所属して中国リーグにも参戦。そういった経緯もあって、中国語がネイティブ並みに話せるのだ。そのため、中国メディアの取材では通訳要らずで、冗談交じりの受け答えをすることも。
中国事情に詳しいライターの吉井透氏は、福原の中国での人気ぶりについて、こう説明する。
「福原のコーチが中国東北地方の出身で、所属していたのも東北地方のチームだったため、彼女が話す中国語には東北地方の訛りが強く入っています。その、ちょっと田舎っぽい話し方が中国人にとっては純朴に感じるらしく、彼らの心のツボにハマっているようです」
ところが、そんな福原に、中国人からブーイングが巻き起こっている。

その理由は次のページで
↓↓↓↓

関連記事

  • 強靭・俊敏な“スーパー犬”の大量繁殖も可能に……中国で世界初「遺伝子組み換えクローン犬」が誕生

  • その手があったか! 中国版ユーチューバー、手品を口実に美女たちのおっぱいをモミモミ

  • 中国・気温37度のなか、新生児をビニール袋に入れて孤児院へ配送した母親に批判殺到!!

  • 女性客のお尻にイチモツを擦りつけ、堂々オナニー? 中国の地下鉄が無法地帯に

  • 中国・「どうしても男児が欲しい」…夫に1年で4回も中絶を強要された妻が死亡

  • 背景に晩婚化? 中国のキャリアウーマンたちが「卵子保存」のために、こぞって台湾へ