1. TOP
  2. 【驚愕事実Σ(゚Д゚)】専門家「シコりまくってる男は….」こうなる→→→ マジかよ…..

【驚愕事実Σ(゚Д゚)】専門家「シコりまくってる男は….」こうなる→→→ マジかよ…..

0909  
1:2018/02/12(月) 08:39:25.37 ID:OT2MuD300 BE:567619765-2BP(2000)
射精は体にいい?私は射精の専門家なのですが、「射精すると体にいいのか?」ということをよく聞かれます。実際、「セ◯クスは体にいい」という報告はたくさんあります。
心臓にも、ホルモンにも、精神的にも、セ◯クスを多くしている人の方が健康的であるとの報告はたくさんあるのです。

でも、それはセ◯クスという行為があってのことであり、射精自体が体にいいかどうかなんて、わかっていないのです。例えば、マスターベーションは体にいいのでしょうか?

男性ホルモンの増加
「マスターベーションをしすぎると、ハゲる」とか、「頭が悪くなる」なんて都市伝説がありますが、それは全くのでたらめで、健康にどんな影響を与えるかなんて調べた研究は今までほとんどありませんでした。

ここで、一つ興味深い研究があります。

先日の日本性機能学会で、マスターベーションをしている時のホルモンの変化に関する研究がありました。射精をする前後で、どれだけホルモンが変化しているか、ということを調べた研究です。

今まで、「射精をすると、その時は男性ホルモンが下がるのではないか」という説もありました。しかし、それを証明した研究はありません。

今回報告された研究では、「勃起する前」「勃起した後」「射精の直前」「射精している瞬間」「射精した後5分後」で、男性ホルモンであるテストステロンと、
下垂体ホルモンのプロラクチン、副腎皮質ホルモンでストレスホルモンとして知られるコルチゾールを調べるという研究でした。

この研究では、びっくりしたことに、射精をする前に徐々に男性ホルモンであるテストステロンが上昇し、射精時をピークにして下降するということがわかったのです。
(図を参照ください。pre=勃起する前、election=勃起した後、climax=射精する直前、ejaculation=射精している瞬間、after=射精後5分という意味です。)

この図を見ると、勃起する前から、射精直前までぐんぐん男性ホルモンであるテストステロンが上昇し、射精する時をピークにして、その後は下降してくるということが示されたのです。
ちなみに、乳汁分泌ホルモンであるプロラクチンと、副腎ホルモンであるコルチゾールは、勃起から射精前後を通じて、上昇することもわかりました。

この研究では、射精をする前後で、ダイナミックに男性ホルモンが変化するということが示されたのです。つまり、射精をすることで、男性ホルモンが増加するということがわかります。

射精は体にいい?

 
 

 

 

↓↓次のページ↓↓

関連記事

  • 【動画あり】乃木坂・山下美月(18)、パンツ見せっぱなし放送事故wwwww(画像あり)

  • 【愕然】 肉便器(22)、ガチで切れる・・・・・ (画像あり)

  • 【勃起注意】神ボディ女子アナがエ口本で晒したおっぱいがエロすぎシコシコ不可避wwwwwwwww (画像あり)

  • 【画像あり※閲覧注意】保育士の性欲ヤバすぎワロタwwwwwwwww

  • 【驚愕の事実】女がヤリチン好きな理由wwwwwww

  • 【悲報w】爆乳女子アスリートのみなさん、ひどいカメラアングルで撮影され憤怒wwwwww(谷見え画像大量にあり)