1. TOP
  2. 【驚愕事実Σ(゚Д゚)】専門家「シコりまくってる男は….」こうなる→→→ マジかよ…..

【驚愕事実Σ(゚Д゚)】専門家「シコりまくってる男は….」こうなる→→→ マジかよ…..

0909  
1:2018/02/12(月) 08:39:25.37 ID:OT2MuD300 BE:567619765-2BP(2000)
射精は体にいい?私は射精の専門家なのですが、「射精すると体にいいのか?」ということをよく聞かれます。実際、「セ◯クスは体にいい」という報告はたくさんあります。
心臓にも、ホルモンにも、精神的にも、セ◯クスを多くしている人の方が健康的であるとの報告はたくさんあるのです。

でも、それはセ◯クスという行為があってのことであり、射精自体が体にいいかどうかなんて、わかっていないのです。例えば、マスターベーションは体にいいのでしょうか?

男性ホルモンの増加
「マスターベーションをしすぎると、ハゲる」とか、「頭が悪くなる」なんて都市伝説がありますが、それは全くのでたらめで、健康にどんな影響を与えるかなんて調べた研究は今までほとんどありませんでした。

ここで、一つ興味深い研究があります。

先日の日本性機能学会で、マスターベーションをしている時のホルモンの変化に関する研究がありました。射精をする前後で、どれだけホルモンが変化しているか、ということを調べた研究です。

今まで、「射精をすると、その時は男性ホルモンが下がるのではないか」という説もありました。しかし、それを証明した研究はありません。

今回報告された研究では、「勃起する前」「勃起した後」「射精の直前」「射精している瞬間」「射精した後5分後」で、男性ホルモンであるテストステロンと、
下垂体ホルモンのプロラクチン、副腎皮質ホルモンでストレスホルモンとして知られるコルチゾールを調べるという研究でした。

この研究では、びっくりしたことに、射精をする前に徐々に男性ホルモンであるテストステロンが上昇し、射精時をピークにして下降するということがわかったのです。
(図を参照ください。pre=勃起する前、election=勃起した後、climax=射精する直前、ejaculation=射精している瞬間、after=射精後5分という意味です。)

この図を見ると、勃起する前から、射精直前までぐんぐん男性ホルモンであるテストステロンが上昇し、射精する時をピークにして、その後は下降してくるということが示されたのです。
ちなみに、乳汁分泌ホルモンであるプロラクチンと、副腎ホルモンであるコルチゾールは、勃起から射精前後を通じて、上昇することもわかりました。

この研究では、射精をする前後で、ダイナミックに男性ホルモンが変化するということが示されたのです。つまり、射精をすることで、男性ホルモンが増加するということがわかります。

射精は体にいい?

 
 

 

 

↓↓次のページ↓↓

関連記事

  • 【衝撃】MEGUMI、完全に「中まで丸見え」の無修正画像が流出wwwww(画像あり)

  • 夏菜、巨乳丸出し!女優人生で最大露出!キャバ嬢役がエロ過ぎる!(画像あり)

  • 【動画あり】白石麻衣の乳揺れがエ口過ぎる!マシュマロ泡で巨乳が上下動!「ニベア」CMで…(画像あり)

  • 【セクシーだ…】木下優樹菜、三十路で大胆過ぎるハイレグ食い込み披露…2人子供を産んだモリマンがこちら…(画像あり)

  • 【プリプリ】この女が着てるスク水エ●チすぎるwwwwwww(画像あり)

  • 【油断…】miwa(27)、床に反射して中身丸見えパンチラ放送事故wwwwww(画像3枚)