1. TOP
  2. ロシアの“危険すぎる”自殺ゲーム「ブルー・ホエール」が中国に上陸! 途中離脱を防ぐため、女性には裸写真を要求

ロシアの“危険すぎる”自殺ゲーム「ブルー・ホエール」が中国に上陸! 途中離脱を防ぐため、女性には裸写真を要求

ロシアの危険すぎる自殺ゲーム「ブルー・ホエール」が中国に上陸! 途中離脱を防ぐため、女性には裸写真を要求の画像1
ロシア発祥の自殺ゲーム「Blue Whale(ブルー・ホエール)」が中国に上陸した

 ロシア発祥の自殺ゲーム「Blue Whale(ブルー・ホエール)」が、ネット上で世界に拡散しつつある。

 鯨が自ら陸に乗り上げ、自殺する習性から名付けられたこのゲームのルールは次の通り。ネット上のコミュニティに集まった参加者は、50日間毎日1つの任務を遂行しなければならない。その任務とは、「朝4時20分に起床する」「ホラー映像を視聴する」「太ももを刃物で傷つける」「誰とも口をきいてはならない」などである。そして、50日目に最後の任務として、命を絶たなければならない。

 初めは面白半分で参加していても、こうした任務をクリアするうちに洗脳状態に陥り、ルールを守って自ら命を絶ってしまう者も続出している。

 本国ロシアでは2015年に誕生したとされ、創始者であるフィリップ・ブデイキン(21)はすでに逮捕、収監されている。しかし、相次いで模倣犯も現れ、ブルー・ホエールのコミュニティは後を絶たず、これまでに130人がこのゲームの末に自殺しているという。

 そんな危険極まりないこのコミュニティが、ついに中国にも流入したという。

 参加者は、実名から家族構成、住所と、あらゆる個人情報を管理者に提出しなければならない。もし任務に背いたり情報を漏らしたら、これらの情報は公開されてしまう。ゲームからの途中離脱を防ぐための担保となるわけだが、「東森新聞雲」(5月11日付)などによると、中国では女性の場合、身分証を手に裸の写真を求められるという。裸の写真を担保に借金することが社会問題となっているが、その方式を採用しているわけだ。

ロシアの危険すぎる自殺ゲーム「ブルー・ホエール」が中国に上陸! 途中離脱を防ぐため、女性には裸写真を要求の画像2
↓↓次のページ↓↓
詳しい解説

関連記事

  • 伊野尾慧も震え上がるか?セクシー女優・明日花キララが”匂わせ発言”を連発する理由

  • 小林麻耶、”家族だけの誕生会” 義弟・海老蔵からも有名ブティックのプレゼント

  • 工藤静香、歌手活動再開で夫・木村拓哉と”夫婦共演”めざす?「匂わせ発言から話題性を持っていこうとするのでは」

  • 【間違い探し】全8問!2枚の画像でどこが違うでしょう?

  • 船越英一郎、松居一代に”離婚調停”を申し立て!!「二人の夫婦関係は完全に破綻」

  • 女子ゴルフ、肌の露出どこまでOK? 米協会は新たな「ドレスコード」を設ける