1. TOP
  2. 【キチガイ】宇宙に衛星を打ち上げてビー玉を放出、人工流れ星を作る日本人女性がサイコパスだと話題に【画像あり】

【キチガイ】宇宙に衛星を打ち上げてビー玉を放出、人工流れ星を作る日本人女性がサイコパスだと話題に【画像あり】

「人工衛星」の画像検索結果

人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s = 28,400 km/h[注 1])に加速させることで、地球の重力と重力から脱出しようとする遠心力とが釣り合い、その物体は地球周回軌道を回り続ける人工衛星となる[1]。

ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E8%A1%9B%E6%98%9F

流星(りゅうせい、英語:meteor、shooting star)、天体現象の1つで夜間に天空のある点で生じた光がある距離を移動して消える現象。一般的に流れ星とも呼ばれる。原因としては流星物質と呼ばれる太陽の周りを公転する小天体が、地球(または他の天体)の大気に衝突、突入し発光したものである。

流星の元になる小天体は、0.1mm以下のごく小さな塵のようなものから、数cm以上ある小石のようなものまで様々な大きさがある。こうした天体が地球の大気に秒速数kmから数十kmという猛スピードで突入し、上層大気の分子と衝突してプラズマ化したガスが発光する(小天体が大気との空力加熱などにより燃えた状態が流星として見えているわけではない)。

これが地上から流星として観測される。通常流星は地上より150kmから100km程度の高さで光り始め、70kmから50kmの高さで消滅する。しかし、元の小天体が特に大きい場合などには、燃え尽きずに隕石として地上に達することがある。なお、見た目に消滅する場合にも流星塵として地球に降り注いでいる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E6%98%9F

↓↓衝撃の内容と画像は次のページで↓↓

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 市川海老蔵、「麻央がこんなにも私のことを愛してくれていた…」

  • 2020年、今度こそ人類は滅亡する!? 伝説のオカルト漫画『MMR マガジンミステリー調査班』を再検証

  • ロバート・クビサ再びF1をドライブ。バレンシアでプライベートテストを行う。

  • 【怒り】「その子はもういらない」病気で捨てられたハスキー、救ったのは近所の男性だった

  • 【正気か!?】北朝鮮で禁止されている日常的な事6選 ~ジーパン穿くだけで連行~

  • 【イギリス】バスに撥ねられるもすぐに立ち上がって歩き出す男性が話題に「スーパーマンかよ」