1. TOP
  2. 早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

 最初に発生した原発部位から広がっていなく限られた狭い範囲にのみある<限局性のがん>に対し、代替療法のみで治療することを選択した患者では、死亡リスクが高まる可能性のあることが新たな研究で報告された。  研究の筆頭著者である米イェール大学医学大学院、イェールがんセンターのSk...

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【ヒーロー】暴漢に襲われそうになった女性、救ったのは生後5ヶ月のピットブルだった

  • 『うんこ漢字ドリル』が大ヒットの一方で、小学生の半数が学校での大便を我慢の矛盾

  • ローラ「辞めるつもりなら暴露本を出してやる」と事務所社長に脅される!!”奴隷契約”で『第2の小倉優子』となれるか

  • 「家庭血圧計」は約7割に誤差!クリニックに家庭血圧計を持参し測定精度を確認しよう

  • 【中国】手術室でオペ中に看護師同士が殴り合いの大喧嘩

  • 人が怖い話:目的の物を盗んだ途端に豹変する泥子