1. TOP
  2. 早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

 最初に発生した原発部位から広がっていなく限られた狭い範囲にのみある<限局性のがん>に対し、代替療法のみで治療することを選択した患者では、死亡リスクが高まる可能性のあることが新たな研究で報告された。  研究の筆頭著者である米イェール大学医学大学院、イェールがんセンターのSk...

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【アメリカ】ウェブカメラで自慰行為を配信中に心臓麻痺で倒れた男性

  • 3位はスラムダンク!「”一番泣いた”歴代ジャンプ漫画」ランキング 1位はギネスにも認定されている…

  • 福岡・2才児に噛み付いた75歳の保育園園長…驚きの実態「髪の毛を掴んで引きずり回す」「鼻血が出るまで顔面を拳で殴る」

  • 松居一代、”おばあちゃんの家”から転居していた!!「そろそろどなたかいらっしゃるかと思って」

  • アメリカ・試着室に”ピストル”の忘れ物!!「どうせオモチャでしょ」と引き金を引いた買い物客が…

  • ※画像あり 武井咲『黒革の手帖』江口洋介のキスシーンに「キモい」の声が殺到!!