1. TOP
  2. 【恐怖】誰もいないのに鳴るインターホンと不気味な手紙(怖い話)

【恐怖】誰もいないのに鳴るインターホンと不気味な手紙(怖い話)

1: g-host

誰もいないインターホン


ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は2階で昼寝をしていた。

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

誰か来たようだ。俺以外家には誰もいないし面倒くさいので無視して寝ていた。

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

それからしばらく一定のリズムをつけつつ、なり続けるチャイム。

なんだよ、しつこいなあ。一体誰が来たんだ?

2階の俺の部屋から玄関をそっと見ると、白っぽい服を着た40歳位のおばさんが

麦藁帽子をかぶった、お揃いの白い服を着た女の子を連れてチャイムを押しているようだ。

最近流行りの子連れ宗教勧誘か?

全く面倒くさいなあ、とりあえず出てやるかと思い、下に下りて玄関を開けると誰もいない。

なんだよ、もう行ったのか。せっかく出てやったのに。

もう1回寝ようと再び2階の自分の部屋で横になった。

すると、

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」

また鳴った。窓から見るとまたあの親子だ。なんなんだ一体!

俺は半分キレぎみで下へ駆け下りた。

その間もず~っと一定のリズムで鳴り続けるチャイム。

玄関のドアをバ―ンと開けて、怒鳴りつけようとして・・・・

誰もいない。

ドアを開ける直前まで確かに鳴っていたのに。

隠れる場所なんてどこにもないし、

どんなに足が速くても一本道の突き当たりにある家から見えなくなるはずがない。

しばらくポカ~ンとその場で立っていると・・・

「ピンポ~ン、ピンポ~ン」



次のページで!

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【真相は】船越英一郎が松居一代に離婚調停 松居一代のDVにより顔面血だらけに

  • ※画像あり 岡村隆史、Twitter開設するも「怖い」と1時間半でやめる!30分でフォロワー1万人

  • 仙台の中2自殺、教諭2人が体罰 粘着テープで口塞ぎ、げんこつで叩いたことも

  • 【アメリカ】ドライブの様子をインスタグラムでライブ配信中に事故、ドライバーの姉が「自分の妹が死んだ!」と遺体映像を配信

  • 【アハ動画】全6問!どこが変わったか当ててください!

  • この女子高生クッソ可愛いんだが(画像あり)