1. TOP
  2. ”毒親”にならないために…「親が子どものためにできる」たった5つのこと

”毒親”にならないために…「親が子どものためにできる」たった5つのこと

「親が子どものためにできる」こととは?

「毒親」という言葉を、よく耳にするようになりました。
毒親とは”過干渉”や”ネグレクト”などによる児童虐待によって、一種の毒のような影響を子供に与える親のことを言います。

母の場合は毒母(どくはは、どくぼ)、毒ママ(どくママ)と言われていて、父の場合は毒父(どくちち、どくふ)、毒パパ(どくパパ)と称されます。

では、こうした”毒親”となって子供を苦しめないために、親が子どものためにしてあげられることは何なのでしょうか?

関連記事

  • 【IQ90の脳トレ】全13問!楽しめる簡単脳トレ!

  • マクドナルドのソフトクリーム製造機からヤバい物が見つかる…(画像あり)

  • 元モー娘。の安田圭、ついに妊活実る!!来年の年明けに出産予定「夢のような時間を主人と過ごしている」

  • ゾッとする話:旅館に泊まった時、50cmくらいのおばあちゃんが浴衣の裾にぶら下がっていた

  • 兄が結婚した人の母親が凄まじい人だった。鮮魚コーナーの「調理(下処理)致します」は、本当にフライとかにしてくれると思ってて…

  • ビートたけし”ハーフタレント批判”に共感の声!ベッキーは「早く昔みたいに活躍してほしい」