1. TOP
  2. ”毒親”にならないために…「親が子どものためにできる」たった5つのこと

”毒親”にならないために…「親が子どものためにできる」たった5つのこと

「親が子どものためにできる」こととは?

「毒親」という言葉を、よく耳にするようになりました。
毒親とは”過干渉”や”ネグレクト”などによる児童虐待によって、一種の毒のような影響を子供に与える親のことを言います。

母の場合は毒母(どくはは、どくぼ)、毒ママ(どくママ)と言われていて、父の場合は毒父(どくちち、どくふ)、毒パパ(どくパパ)と称されます。

では、こうした”毒親”となって子供を苦しめないために、親が子どものためにしてあげられることは何なのでしょうか?

関連記事

  • 【アメリカ】建物ごとお引越し、失敗

  • 今日のうp主がDQNドラレコ。こんな短気な人は運転しない方がいい(´・_・`)

  • 東大医学部アメフト部のマネージャーがヤバイと話題に(画像あり)

  • 最近TVに映った海水浴の巨乳子連れ若ママやリア充ギャルのエロ画像!!(画像68枚)

  • 切ない話:残っていたアイスを夫と2人で半分こしたら、夫が泣き出した!!理由は…

  • 2位は叶美香の教員免許!「意外な資格」を持つ驚きの女性有名人ランキング