1. TOP
  2. ”毒親”にならないために…「親が子どものためにできる」たった5つのこと

”毒親”にならないために…「親が子どものためにできる」たった5つのこと

「親が子どものためにできる」こととは?

「毒親」という言葉を、よく耳にするようになりました。
毒親とは”過干渉”や”ネグレクト”などによる児童虐待によって、一種の毒のような影響を子供に与える親のことを言います。

母の場合は毒母(どくはは、どくぼ)、毒ママ(どくママ)と言われていて、父の場合は毒父(どくちち、どくふ)、毒パパ(どくパパ)と称されます。

では、こうした”毒親”となって子供を苦しめないために、親が子どものためにしてあげられることは何なのでしょうか?

関連記事

  • 白人エリート小児性愛者御用達「ロリコン島」でのヤバすぎる乱交パーティが発覚!リストにはあの超有名セレブの名も・・・

  • 【タイ】自転車で走行中の男性が人とぶつかって転倒し、バスに轢かれる

  • 【感動】「子供を抱いてる母はそれだけで美しい」子供との思い出に自分の容姿は関係ないと気づかせてくれる画像とエピソード

  • 【感染】『でりしゃす籠原店』でサラダを食べてO-157食中毒になった5歳児の現在がヤバ過ぎる!これはもう…【画像あり】

  • 【危険】ゴミを適当に捨てたせいで収集者の人が「怪我をする可能性がある」

  • 昭和39年(1964年)の自動車学校と名神高速道路。ドライヴァーのエチケット。