1. TOP
  2. 【愛犬】愛する主人が帰るまで生きられない、余命宣告を受けた愛犬が起こした奇跡

【愛犬】愛する主人が帰るまで生きられない、余命宣告を受けた愛犬が起こした奇跡

1: ファニーちゃん

エリックさんと愛犬カーミー
今回ご紹介するのは

とある家族間で起こった奇跡のような

愛情溢れるエピソードです


ラルストン家には11歳になる愛犬、カーミーが居ました。

カーミーは家族の中でも、お父さんのエリックさんが大好きでした。

しかし2012年3月、エリックさんはグアムへ配置され、

8ヵ月もの間、自宅を離れなければならなくなりました。

8ヵ月後にはまた会える、そう信じていた最中・・・

愛犬カーミーはガンを患ってしまいます・・・。

カーミーに告げられた余命は3ヶ月、

エリックさんが帰ってくるまでまだ8か月

このままでは二度と会うことも出来ずお別れになってしまうかもしれない・・・

カーミーを襲ったのは突然の口腔ガン

これはエリックさんがグアムに行って1ヵ月後のことでした。

その時のことをエリックさんの奥さんはこう語っています。

「私たちはショックでした。

カーミーは私たちにとって初めての子供だった。

だから、エリックが二度とカーミーと会えなくなるなんて思ってもいませんでした。」

エリックさんの帰宅予定は11月。

時間と共に大きくなっていくカーミーのガン。

その病状はご飯を食べることさえ難しくなるほど

しかし家族は諦めずに懸命に看護を続けました。

しかし、現実は残酷なものです・・・

エリックさんのグアムでの任務が無期限に引き延ばされてしまったのです

帰宅するのは予定よりも遅い、クリスマスの休暇。

予定よりも1ヵ月以上遅れてしまいます。

この知らせを聞いた家族は、カーミーの具合から考えて、

もう1ヵ月ももたないと覚悟を決めます。

しかし、愛犬カーミーは奇跡を起こしました


次のページで!

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【動画】親の愛は偉大!自分もガリガリなのに、食べ物を手に入れると全て子供に与える犬に涙

  • ドラレコ撮影してるで!で一目散に逃げ出す当たり屋たち。バイク乗り型交通事故詐欺

  • 市川海老蔵「涙が止まらない…」勸玄君が舞台写真を麻央さんの仏壇に飾る

  • 結局は9割が大樹に拠った……80年代に「フリーター」を推奨した人々の、その後の人生

  • 【朗報】本田翼(Bカップ)、ガチの「オカズ」をUPしてしまう事案wwwwwww(画像あり)

  • 玄関で、猫がコーラス隊を結成してる!? 次の瞬間「狙いはそれか」