1. TOP
  2. 【愛犬】愛する主人が帰るまで生きられない、余命宣告を受けた愛犬が起こした奇跡

【愛犬】愛する主人が帰るまで生きられない、余命宣告を受けた愛犬が起こした奇跡

1: ファニーちゃん

エリックさんと愛犬カーミー
今回ご紹介するのは

とある家族間で起こった奇跡のような

愛情溢れるエピソードです


ラルストン家には11歳になる愛犬、カーミーが居ました。

カーミーは家族の中でも、お父さんのエリックさんが大好きでした。

しかし2012年3月、エリックさんはグアムへ配置され、

8ヵ月もの間、自宅を離れなければならなくなりました。

8ヵ月後にはまた会える、そう信じていた最中・・・

愛犬カーミーはガンを患ってしまいます・・・。

カーミーに告げられた余命は3ヶ月、

エリックさんが帰ってくるまでまだ8か月

このままでは二度と会うことも出来ずお別れになってしまうかもしれない・・・

カーミーを襲ったのは突然の口腔ガン

これはエリックさんがグアムに行って1ヵ月後のことでした。

その時のことをエリックさんの奥さんはこう語っています。

「私たちはショックでした。

カーミーは私たちにとって初めての子供だった。

だから、エリックが二度とカーミーと会えなくなるなんて思ってもいませんでした。」

エリックさんの帰宅予定は11月。

時間と共に大きくなっていくカーミーのガン。

その病状はご飯を食べることさえ難しくなるほど

しかし家族は諦めずに懸命に看護を続けました。

しかし、現実は残酷なものです・・・

エリックさんのグアムでの任務が無期限に引き延ばされてしまったのです

帰宅するのは予定よりも遅い、クリスマスの休暇。

予定よりも1ヵ月以上遅れてしまいます。

この知らせを聞いた家族は、カーミーの具合から考えて、

もう1ヵ月ももたないと覚悟を決めます。

しかし、愛犬カーミーは奇跡を起こしました


次のページで!

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仲間由紀恵の夫・田中哲司に浮気報道!!変装して会いに行く

  • 【閲覧注意】歴史上最も残酷で恐ろしい処刑方法14選

  • 魅惑的なマンホールの蓋は意外と近所でデザインされている

  • 『キスマイBUSAIKU』が9月に終了することになった悲しい事情とは?

  • ブラウン管テレビ、完全に死ぬ・・・・・これは悲しい(画像あり)

  • 近藤春菜、来春にも『スッキリ!!』から卒業か?テレビ局関係者からは「ギャラの無駄遣い」の声も