1. TOP
  2. 【驚愕】人間の身勝手により「飼われ、捨てられたライオン」彼が毛布を手放せない理由に涙

【驚愕】人間の身勝手により「飼われ、捨てられたライオン」彼が毛布を手放せない理由に涙

1: ファニーちゃん

ライオンと毛布
人間は身勝手で、欲深い生き物です。

アメリカ・テキサス州にてとてて悲しい出来事が発生しました。

「ライオン・キング」を見た子供たちが「シンバ」が欲しいと言い出し、

子供たちの為に違法に子供のライオンを購入した男性が居ました。

このライオンは親から無理やり引き離され、男性の元へやってきました。

ライオンの名前は「ランバート」。

しかし、素人がライオンを育てるのはとても困難です。

その為、わずか生後3ヶ月という小さいライオンを育てる事が出来ず、

施設に相談する事にしました。

そこで動物保護団体のスタッフのヴィッキーさんが、ランバートを引き受けることとなりました。

殺処分という最悪の事態は免れる事ができましたが、

生まれてすぐに親と話され、人間と一緒に暮らしてきたランバートは、

すでに人間になれすぎてしまっており、野生には戻す事はできない状態になっていたのです。



幼いランバートは保護施設に到着すると落ち着き無く歩き回ります。

初めての場所で不安になっていたのです。

夜になっても眠れず精神的にも不安定になってきたランバート。

見かねた飼育員さんは、ランバートが昔人間と一緒のベットで寝ていたことを聞いていたため、

同じように毛布を1枚与えてみました。


次のページで!

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【悲報】都議選 やべぇ奴ばっかりだったwwwwwwww(画像あり)

  • 拾った「謎の卵」育ててみた結果wwwww(画像あり)

  • 【恐怖】「秘密基地で行われていた呪いの儀式」あれから8年後、恐るべき結末を迎えた少年達

  • ※閲覧注意 おじいちゃんの家で、男性のタヒ体が発見された。そして、すべてが分かった…。

  • 【中国】雨でスリップした1台のトラックが巻き起こす大事故

  • 小林麻央、口を動かすと痛みがあるため“iPad”で筆談…闘病のママを支える勸玄くんの決断「ママにいい所を見せたい」