1. TOP
  2. 【国宝】活動期間たった10ヶ月!江戸時代の浮世絵師「東洲斎写楽」の処女作から一挙大公開!

【国宝】活動期間たった10ヶ月!江戸時代の浮世絵師「東洲斎写楽」の処女作から一挙大公開!

1: ファニーちゃん

「東洲斎写楽」
東洲斎写楽(写楽)といえば、江戸時代中期に活躍した謎多き絵師。

正体すらも不明で、作品の製作期間はわずか10ヶ月と言われています。

しかし、たったそれだけの作品でも国宝に認定されている作品もあり、

江戸時代を代表する浮世絵師の1人です。

また写楽の作品は第一期から第四期まであるといわれており、今回はそんな第一期から第二期をご紹介させていただきます。

一期から二期にかけて、作風が全く違ったものに変わるのも写楽の魅力の1つ。

三代目大谷鬼次の江戸兵衛



二代目小佐川常世(おさがわつねよ)の竹村定之進の妻・桜木



市川鰕蔵(えびぞう)の竹村定之進

国宝に指定されている代表作の1つ


次のページで!

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 甲子園でワキ毛を晒すチア現るwww(画像あり)

  • 真木よう子、コミケ騒動の”怪しい黒幕”は女優・のんとも繋がっていた?「業界では問題児扱いされることも」

  • 【面白】あなたは何個わかりますか?良く見たら違うものが紛れ込んでいる画像30選!

  • 市川海老蔵、夢の中で麻央さんと再会「皆が嬉しくて、麻央のとりあい?みたいに」目覚めた時間は…

  • 【悲報】斉藤由貴の自撮りキス写真画像がキモイと話題にww(画像あり)

  • 【優しい嘘】「小学生の男子が女子に花瓶の水をぶちまけた」その理由が男前過ぎて震える