1. TOP
  2. 絶滅危惧種のウミガメ38匹を“まるゆで” 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態

絶滅危惧種のウミガメ38匹を“まるゆで” 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態

絶滅危惧種のウミガメ38匹をまるゆで 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態の画像1
押収された38匹のタイマイの剥製
 アフリカでは象牙の密猟が国際問題になっているが、中国人による希少動物の密売は止まらないようだ。 「渤湃新聞」(7月28日付)によると、広西チワン族自治区で防城港市公安当局が27日、ベトナムとの国境付近でウミガメの剥製38匹を押収した。鑑定すると、これらはタイマイであることが判明。タイマイはワシントン条約で絶滅危惧種に指定され、中国でも国家二級保護動物に指定されている。市場価格は、最高3万元(約48万円)にも達する。死因を調べると、生きたままゆでられた疑いがあるという。
絶滅危惧種のウミガメ38匹をまるゆで 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態の画像2
一様に同じ姿勢が保たれているので、ひもなどで固定してゆでたのかもしれない
 2015年にも海南省でタイマイの違法取引が発覚したが、その際の取引金額は、大ぶりのもので1万9,500元(約31万2,000円)、小ぶりのもので8,000元(約12万8,000円)だったので、その後、価格は高騰しているようだ。購入した店のオーナーは、「これは熱湯でゆでられたものだ。そうでなければ、これだけの光沢は出ない」と断言している。
絶滅危惧種のウミガメ38匹をまるゆで 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態の画像3
広東省では、3~6月の間に1万1,720頭・匹もの野生動物と960の関連製品が押収された
絶滅危惧種のウミガメ38匹をまるゆで 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態の画像4
 中国では、こうした希少動物の密猟や取引が後を絶たないが、インターネットがその温床となっている。「中華網」(7月25日付)などによると、広東省の警察当局は3~6月にかけ、ネットを通じた野生動物・関連製品の違法取引を取り締まるキャンペーンを展開した。同省内での刑事事件は40件を超え、1万1,720頭・匹もの野生動物と960の関連製品を押収し、その額は750万元(約1億2,000万円)に達した。  広州市従化区で逮捕された鄧容疑者は、国家保護動物に指定されている大蛇887匹とオオトカゲ214匹を、生きたまま自宅に隠していた。これを宅配便で全国の購入者に送っていたのだという。  また、韶関市乳源瑶族自治県では、希少動物を捕まえる様子をライブ配信していた24歳の男が捕まった。男の自宅を家宅捜索すると、国家二級保護動物に指定されているチベットモンキー1匹とコブラ74匹が見つかった。コブラは、許可証がないにもかかわらず養殖し、販売していたという。  中国で希少動物の販売は、手軽に始められるビジネスのようだ。乱獲によって、それらが絶滅しないことを切に願いたい。 (文=中山介石)

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【驚愕】刑務所で自殺した連続殺人鬼10選

  • 昭和13年の小學生の日記wwwwwww(画像あり)

  • 斉藤由貴、”不倫会見”の翌日に子供たちと沖縄へ…「反応が怖くて聞けない」と言った夫は行かず

  • 湿地を自由自在に飛び回るエクストリームカイトサーファーの映像。

  • TOKIOのリーダー・城島茂に交際報道!!お相手は25歳年下のグラドル ひとめぼれした城島から声をかけた

  • 不倫の宮迫博之、ベッキーを超える惨事が待っている?今後も新情報が発覚すれば…