1. TOP
  2. 【人間の狂気】「エアガンで撃たれた生後6ヶ月の子犬」体内には18発もの弾が残っていた

【人間の狂気】「エアガンで撃たれた生後6ヶ月の子犬」体内には18発もの弾が残っていた

【人間の狂気】「6ヶ月の子犬の体には無数の穴と大量の出血」体内にはとんでもない物が残っていた 【人間の狂気】「エアガンで撃たれた生後6ヶ月の子犬」体内には18発もの弾が残っていた
1: ファニーちゃん

生後6ヶ月の子犬
「虐待」最も醜く、最も最低な行為。

自分より弱いものに対して、暴力を振るったり、非情なイタズラをしたり、私達には考えも付かないような事をする人達が大勢います。

弱いものに対して虐待する人は、どの時代、どの国にもいるものです。

生後間もない子犬を襲ったのは、人間の狂気でした。



ここから↓

アメリカ・カリフォルニア州のロックヒルで「生後6ヶ月とみられる子犬がエアガンで撃たれる」という事件がありました。

大量に撃たれたため、体には沢山の穴が開いており、出血多量の状態で危ない状態。

発見されすぐに動物病院へと運ばれました。

何が原因か調べるため、子犬をレントゲンで撮影したのです。

すると、体内からは驚くべきものが大量に見つかりました。


続きは次のページで!

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 塾講師女「やだ……この子、ち○ぽこシコってきたわね!」→とんでもない相談がされるwwwww

  • 【ロシア】電話をしながら左右確認しないで横断歩道を渡った結果・・・

  • 山道の奇妙な話:トラックの運転手をしている友人が鳴子を走行中、前を走っていた車が何かを避けた

  • ※動画あり 「もう寝なさい」まるで母親のように猫を寝かしつける柴犬がお利口すぎる!

  • 松居一代、「松居劇場は終止符を打った」船越英一郎へは「嘘をついているから苦しいでしょうね」

  • 【正気か!?】北朝鮮で禁止されている日常的な事6選 ~ジーパン穿くだけで連行~