1. TOP
  2. 飲めば食中毒、飲まねば爆発! 今度はりんごジュースがチャイナボカン

飲めば食中毒、飲まねば爆発! 今度はりんごジュースがチャイナボカン

飲めば食中毒、飲まねば爆発! 今度はりんごジュースがチャイナボカンの画像1
問題のりんごジュース
 炭鉱の大規模事故や過激派による自爆テロだけでなく、スイカや風邪薬に至るまで、あらゆるモノに爆発の危険が潜む中国で、またまた予想だにしない爆発事件が発生した。  中国インターネットテレビ局「新藍網」の報道番組『1818黄金眼』によると、浙江省杭州市でペットボトル入りのりんごジュースが爆発。手に持っていた女性がその衝撃で気絶し、胸部にケガを負ったというのだ。  爆発したのは、中国メーカー「橙宝食品」が製造している、2リットル入りのりんごジュース。ケガをした女性は、今年3月18日に239元(約4,000円)で12本購入。自宅リビングのテーブルの下に保管していた。  ところが5月4日、彼女はペットボトルの底の部分が濡れていることに気づいた。中身が漏れていることを疑った彼女は、1本のボトルを手に取って調べていたところ、突然爆発。その場で意識を失ったという。  中国で清涼飲料水が爆発した例では、2012年、缶入りのコーラを冷凍し、開栓したところ爆発。缶の破片で男児が重傷を負う事件が起きている。しかし炭酸入りでもなく、常温保管されていたりんごジュースが、人を気絶させるほどの爆発力を持つものなのだろうか?  女性は「橙宝食品」にクレームを入れたが、「果汁はセ氏0度から5度で保管されなければならない」と、女性の保管方法が適切でなかったとして、自社の責任を否定している。  また同番組では、りんごジュースが発酵し、ペットボトル内にガスが充満していたのではないかという専門家の見方を紹介。ただ、未開栓のボトル入りりんごジュースが、爆発に至るまで発酵が進むことは考えられないため、製造工程でボトル内に混入した雑菌の影響で腐敗が進んでいた可能性も指摘されている。  ということは、この女性は爆発による被害を受けていなかったとしても、りんごジュースを飲んで食中毒になっていた可能性があるということである。  中国危険食品は、「買ったが最後」ということか……。

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 今井絵理子議員の不倫報道のたびに流れる”SPEED楽曲”に抗議が大噴出!「貶めないで」「思い出を汚さないで」

  • 熊田曜子(35)の乳首ポロリ…復活した垂れ乳グラドル最大の恥歴史…(画像あり)

  • 私が妊娠した途端、「息子と子作りなんて穢らわしい」「本当に息子の子なの?」と言ったトメ

  • 小林麻央、乳がんは「朝日を浴びることが大切」

  • 河北麻友子、ラブラブ混浴写真の流出キタ━(゚∀゚)━!(画像あり)

  • 【ロシア】飛行機雲を発生させるボーイング787の映像が迫力満点