1. TOP
  2. 【読み物】「人間が20年しか生きられない世界」前編

【読み物】「人間が20年しか生きられない世界」前編

1: ファニーちゃん

猫「どうして人間は20歳までしかいきられないの?」
猫「どうして人間は20歳までしかいきられないの?」



「なんかね、そんな風に猫に云われた気がしたのです」

私が子を産んで三ヶ月が経ったある日。義娘がそんな呟きを漏らした。

「だって、おかしーじゃないですか。自分の子なのに……」



私は今、17歳。

この国の女性は、16歳で法定再生産年齢を迎え、第一子の懐妊が義務付けられると同時に、13歳の後見義娘を受け入れる。

何しろ20歳で死んでしまうので、我が子は長くとも3歳ほどまでしか世話をできない。

この子も昨年に来たのだった。私の元で我が子を育てるのはこの子。

私も今は亡き義母の子を与っており、今は4歳。6歳になると一人暮らしが義務づけられているため、ちょうど死ぬまで面倒をみる形で。



「猫だってそのぐらいだよ。私達が近付いたんじゃないかな」

「猫の寿命は延びたのに、人間さんの寿命はひどく縮んでしまった。ふこーへーですよ」



むくれて義娘が云った。



「そうだね」



そう。そうとしか言いようがない。私達は長生きし過ぎてきたのかもしれないけれど。

やっぱり、理不尽に思われてしまう。もっと、生きたい。



「義母ぁさんは、はやくつくろうとは思わなかったのですか」



13、4歳の早産に敢えて踏み切る女性もいることを言っているのだろう。

我が子と長く居たいためにそうする場合もあれば、あるいは若くして○○○○溺れてそうなる場合もあり。

母体への危険から奨励されないだけで、違法と言うことにはならない。



「怖がっていたら、いつの間にかこんな歳になっていたわ」



今でも正直、母という感じがしない。まだまだ、やりたいこともあった気がする。

けれど、流れ流され、後見義娘として子育てに励み、いつの間にかもう”法再齢”だった。


続きは:次のページで♪

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 友人Aが作家デビューした。「周りには言わないで欲しい」と言われたのに、Bが周りに言いふらした結果…

  • 竹内由恵アナのインナーがすっけすけwwwwwwww(画像あり)

  • 【サウジアラビア】Tシャツにミニスカート姿の映像をSNS上に投稿したとして、女性が逮捕される

  • ※胸糞注意 友人グループ内で喧嘩があり、疎遠になっていたB。ある時SNS上で、Bが「癌だった。もう手遅れらしい。」と書き込んだけれど…

  • ダイオウイカ?ロープの絡まった超巨大イカを救ってあげたパドルボーダー

  • 【豆知識】交通事故の「被害者」になって保険会社の対応が悪い時、一発で対応が良くなる方法!