1. TOP
  2. 【読み物】「人間が20年しか生きられない世界」前編

【読み物】「人間が20年しか生きられない世界」前編

1: ファニーちゃん

猫「どうして人間は20歳までしかいきられないの?」
猫「どうして人間は20歳までしかいきられないの?」



「なんかね、そんな風に猫に云われた気がしたのです」

私が子を産んで三ヶ月が経ったある日。義娘がそんな呟きを漏らした。

「だって、おかしーじゃないですか。自分の子なのに……」



私は今、17歳。

この国の女性は、16歳で法定再生産年齢を迎え、第一子の懐妊が義務付けられると同時に、13歳の後見義娘を受け入れる。

何しろ20歳で死んでしまうので、我が子は長くとも3歳ほどまでしか世話をできない。

この子も昨年に来たのだった。私の元で我が子を育てるのはこの子。

私も今は亡き義母の子を与っており、今は4歳。6歳になると一人暮らしが義務づけられているため、ちょうど死ぬまで面倒をみる形で。



「猫だってそのぐらいだよ。私達が近付いたんじゃないかな」

「猫の寿命は延びたのに、人間さんの寿命はひどく縮んでしまった。ふこーへーですよ」



むくれて義娘が云った。



「そうだね」



そう。そうとしか言いようがない。私達は長生きし過ぎてきたのかもしれないけれど。

やっぱり、理不尽に思われてしまう。もっと、生きたい。



「義母ぁさんは、はやくつくろうとは思わなかったのですか」



13、4歳の早産に敢えて踏み切る女性もいることを言っているのだろう。

我が子と長く居たいためにそうする場合もあれば、あるいは若くして○○○○溺れてそうなる場合もあり。

母体への危険から奨励されないだけで、違法と言うことにはならない。



「怖がっていたら、いつの間にかこんな歳になっていたわ」



今でも正直、母という感じがしない。まだまだ、やりたいこともあった気がする。

けれど、流れ流され、後見義娘として子育てに励み、いつの間にかもう”法再齢”だった。


続きは:次のページで♪

\ SNSでシェアしよう! /

なめこ速報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

なめこ速報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【驚愕】800年以上前の「謎のタネ」が発見される!それを育ててみた結果、今では絶滅した植物が実をつけたのです!

  • 郵便物を勝手に開封するトメに「犯罪ですよ」と言うと、「じゃあ訴えればぁ?」とニヤニヤ。なので…

  • 髪を触った後に寿司握る女性店長、テレビで紹介され、ネットで物議を醸す

  • 無断で帰る!?『合コンのお会計』でドン引きした女子の行動3選が本当に引くレベル

  • 【画像あり】満員電車におっぱい放り出したまま乗り込んできた女が激写されるwwwwwwwwwww

  • 木村拓哉、『父親にしたくないタレント』第4位に選ばれて業界関係者に波紋!!「この数字はリアル」